富士山保全活動

日本の宝を 世界の宝へ

富士山は、2013年6月22日にUNESCO世界文化遺産委員会で世界文化遺産として登録されました。

当社は、富士山の麓である静岡県沼津市に本社を置く企業として、2009年より、富士山の世界文化遺産登録を支援する目的で「富士山基金」への寄付を実施してきました。
2013年に世界文化遺産に登録された後も、寄付活動を通じて引き続き富士山の保全活動支援に協力しています。
ごてあらポー!!公式サイト内 富士山保全活動

2009年度~2018年度の寄付合計
36,167,811円


「富士山基金」とは

世界遺産「富士山」を美しい状態で未来に引き継ぐため、「認定NPO法人 富士山世界遺産国民会議」などが運営しています。

この基金は、富士山の環境保全・保護活動、訪問者への案内・啓発活動などに使用されています。
「富士山世界遺産国民会議」ホームページ


2018年度富士山基金贈呈式

日付 2018年8月21日(火)
場所 米久株式会社 本社
出席者 認定NPO法人 富士山世界遺産国民会議
事務局長  大庭 大 様
米久
代表取締役社長  堀内 朗久
常務取締役 管理本部長  野澤 克己
執行役員 加工品事業部長  野口 英俊

ページの上へ