沿 革

1965年12月 静岡県沼津市川瀬町に、食肉加工と卸を目的として個人創業。
1969年2月 米久畜産販売サービス(株)を設立し、食肉および食肉加工品の卸を主体に営業を開始。
1970年11月 本社工場を沼津市岡宮、東名インター入口の現在地に建設。
1977年3月 自社工場におけるソーセージ製品の生産を開始。
1978年7月 社名を「米久株式会社」に変更。
1980年6月 (株)マルフジ(現・連結子会社)の全株式を取得。
1981年10月 業界初の生ハム専用工場を新設。
1986年10月 社団法人日本証券業協会、東京地区協会並びに名古屋地区協会に店頭登録。
1987年3月 (株)山静ブロイラー(現・米久おいしい鶏(株)(現・連結子会社))を設立。ブロイラー事業に参入。
1994年9月 静岡工場、本社加工工場を統合し、夢工場(本社工場)新設。
1995年7月 YONEKYU U.S.A., INC.(現・連結子会社)にて米国におけるソーセージの生産を開始。
1996年10月 米久デリカ(株)(現・米久かがやき(株)(現・連結子会社))が、日本デリカ(株)の全事業を取得。
1996年10月 東京証券取引所市場第一部に上場。
2002年9月 「米久かがやき(株)」設立。
2003年11月 国産豚肉供給基地として「アイ・ポーク(株)」を設立。
2006年12月 米久東伯(株)(現・米久おいしい鶏(株)(現・連結子会社))を設立。
2009年1月 「三菱商事(株)」、「伊藤ハム(株)」と包括業務提携契約を締結。
2009年6月 アンゼンフーズ(株)(現・米久デリカフーズ(株)(現・連結子会社))の株式を買い増し、全数を取得。
2010年8月 「アイ・ポーク(株)」を完全子会社化し、豚の集荷加工事業を取得。
2010年11月 広島県に「大洋ポーク(株)」を設立し、養豚事業に参入。
2011年2月 「米久東伯(株)」と「おいしい鶏(株)」を合併、「米久おいしい鶏(株)」に。
2011年3月 「米久かがやき(株)」と「米久デリカ(株)」を統合。「米久かがやき(株)」に。
2011年3月 「アンゼンフーズ(株)」の商号を「米久デリカフーズ(株)」に。
2011年10月 ネット通販本格参入、専用の自社サイトを開設。
2012年9月 食肉一次加工工場として、ふじやま工場を新設。
2013年2月 「三菱商事(株)」による株式公開買付が成立し、同社の子会社に。
2016年4月 共同株式移転による共同持株会社「伊藤ハム米久ホールディングス(株)」設立。

ページの上へ